リアルタイム地震被害推定情報の利活用

「リアルタイム地震被害推定情報」の社会実験から運用に向けて

 国立研究開発法人防災科学技術研究所(以下「防災科研」)が取り組むSIPの研究成果である「リアルタイム地震被害推定情報」は、多くの産業界のご協力を得て社会実験を進めて参りました。ご協力頂きました実験参加機関や実験協力機関の皆様には、実験期間中多くの課題やご要望など貴重なご意見を賜りましたことに感謝申し上げます。
 「リアルタイム地震被害推定情報」は、 2019年度より運用フェーズに進みますが、引き続き、「ハザード・リスク実験コンソーシアム」は、防災科研が新たに高度化を目指した研究成果の社会実験の場として継続して行く予定です。
 新たな実験の場については、あらためてご案内させて頂きます。
REICでは「ハザード・リスク実験コンソーシアム」を今後も継続的に進めることで、防災・減災に微力ながら貢献できればと願っております。
引き続きご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ戻る

説明資料(準備中)

ページトップへ戻る

規約・様式集(準備中)



「リアルタイム地震被害推定情報」提供

「リアルタイム地震・被害推定情報」提供

防災・減災活動につながる利活用例

ページトップへ戻る